高座バトル 
落語家とお坊さんのおもしろい噺、いい話
お坊さんと落語家さんが「生と死」をテーマに真剣しゃべくりバトル!
感動も涙も笑いも得意分野の両者が大激突!あなたの心をゆさぶるのはいったいどっち?
日常では触れる機会のないお坊さんの説法と、落語家の十八番。
伝統の「高座」に触れることのできるまたとない機会です。

《落語家:春風亭昇吉》
1979年岡山県生まれ
東京大学学生時代に全日本学生落語選手権・策伝大賞で優勝し、大学卒業時には東大の総長賞にも輝きました。
「笑点」や新作落語の旗手として高名な春風亭昇太師匠に弟子入りを許され、厳しい修行時代を経て二つ目に昇進。
現在は高座のみに留まらず、気象予報士やテレビ番組の司会等、広範に活動を展開されています。
昇吉さんはNPOでのボランティア等と、従来の落語家観を打ち破るべく精力的に様々な場所で自らの価値を問うています。
また、日本舞踊の修行、古典落語の修練、新作落語の創作といった落語家たる者の「必修科目」も疎かにせず、
古典落語「明烏」の時代考証など、ユニークな取り組みも含め、先人が磨き上げた江戸落語の伝統を大切にされています。


《落語家:三遊亭金の助》
2009年国体ボクシング競技成年ウェルター級3位、2010年駒澤大学卒業という委嘱の経歴の持ち主。
2014年三遊亭金遊に入門。2018年11月下席二つ目昇進予定

《説教師:菊岡妙光》
倉敷市正福寺修徒、奈良県出身の尼さん。お母様の熱心な信仰に触れて自身も出家。日蓮宗においては、現在まで90名ほどしかいない布教院という高座説教の全科目修了者。そのため説教師として各地に飛び回っている。日蓮宗では、お坊さんの資格を有する最終修行として信行道場という機関があるが、そこでの訓育指導を歴任するなど、後身の指導の任も積極的にこなしている

《説教師:小山光祐》
福井県出身、東京都妙経寺修徒。妙経寺は六本木ヒルズから道路1本隔てた都会のお寺のお婿さん。というのも、自身はお寺の生まれではなく、お父様は元陸上自衛官で四人兄弟の次男。お母様の熱心なお題目信仰に導かれて出家。世界三大荒行で有名な日蓮宗大荒行堂も成満。日蓮宗総本山身延山でのお給仕の経験を活かしながら、六本木らしさを活かした布教に邁進中。

プログラム名称
高座バトル
料  金
1,000 円
定  員
100人  / 最小人数  設定なし
日  時
予約キャンセル
開催日の 1 日前までキャンセル可能
所用時間
約2時間30分
参加条件
小学生以上からの参加となります
準備するもの
特にありません

パートナー

パートナーのイメージ画像

全国日蓮宗青年会

世界の平和と人類の幸福を願う日蓮宗の若いお坊さんたちの団体です。

問い合わせ先:
  電 話:090-7127-1135
  メール:okayamakouza@gmail.com

開催地詳細

蓮昌寺
開催地住所
岡山県岡山市北区田町1-4-12

利用者の声

利用者の声はまだありません。

関連おすすめプログラム

トップへ戻るボタン